元気が出ない時に。心療内科でうつ診断を受けるすすめ

調子が悪いのに体はどこも悪くない

なんだか最近元気が出ない、すぐ落ち込んで、気づいたら泣いてる・・・そんな時、どうしたらいいのでしょうか。肩こりや胃痛が続いても、整形外科や内科では原因がわからない時、精神的に辛いことが、気づかないうちに体に出ているのかもしれません。そういう人は、投薬などの一時的な治療で体は治っても、精神的な安定が無いとまたすぐに調子を崩してしまうことがあります。そんな時、心療内科へ行けば、精神的に何が辛いのかがわかることがあります。

みんな知ってる?うつ病とは

気分が落ち込む、やる気が出ない、不安で眠れないなどの症状がある場合、うつ病を疑うといいかもしれません。うつ病とは、精神的なストレスなどにより、気分が落ち込んでしまう病気で、酷くなると自己否定感が強くなり、社会生活が難しくなったり、最悪自殺してしまうケースもあります。肩こりや、食欲不振、胃痛などを併発する場合もあり、体の症状とも密接に関係してきます。ストレスを解消し、規則正しい食事や睡眠などの生活をすることで治ることもありますが、重症化する前に通院してみることがおすすめです。

どこに通院するといいの?

自分にうつ病の心配を感じたら、心療内科へ行ってみましょう。精神科でも構いません。二つの科のボーダーはあまり無いと言われていますが、心療内科の方が敷居が低めです。病院へ行ったら、うつ病チェックや心理検査から、正しい診断をしてもらうことが出来ます。うつ病の治療は、投薬もありますが、カウンセリングや箱庭など、苦しい気持ちの原因を探ることで癒される治療もあります。自分に合った治療法を医師と選択しましょう。自分一人で思い悩まず、一歩踏み出してみることが大切です。

岡山の心療内科は院内もリラックス出来る空間が用意されているので、初めての受診も不安に思うような心配もありません。