発電機のいらない静かな太陽光発電はとても家庭的なもの!

発電機というものがない太陽光発電

家庭用の太陽光発電は、ソーラーパネルと呼ばれている太陽光パネルを屋根の上に並べることで発電する、といったものになっています。最近では、家がたくさん立ち並んでいる住宅街を歩いてみれば、その屋根にこのソーラーパネルが敷き詰められている家、というものを何軒か目にすることがあるでしょう。このソーラーパネルが太陽の光を取り込んで、それをそのまま電力に変えてくれるために、太陽光発電には発電機というものがないわけなのです。

発電機の騒音というものがない太陽光発電

従来型の発電である水力発電や火力発電には、発電機というものが必要で、水車やボイラーの作る蒸気で発電機を回して発電する、といったものでした。ところが、太陽光発電はソーラーパネルが太陽の光を直接、電力に変えてしまうというものなので、この発電機が不要なのです。発電機を回せば大きな音が出るのですが、この発電機がない太陽光発電の場合には、発電機の回る音がないために、非常に静かに発電をすることができてしまうわけなのです。

静かな太陽光発電なら赤ちゃんのいる家庭にも最適!

屋根にソーラーパネルを敷き詰めてしまうだけで発電のできる太陽光発電は、発電機というものを全く必要としない発電であるために非常に静かですから、とても家庭には向いている発電と言えるのです。これならば赤ちゃんのいる家庭であっても、発電機の騒音で赤ちゃんが目を覚ましてしまって、なかなか寝付いてくれない、といった心配もないわけなのです。太陽光発電ならば、静かに発電してくれて静かに電力を供給してくれるわけですね。

エネルギー資源問題が深刻化していますが、太陽光のエネルギーは枯渇することがありません。太陽光発電は、CO2も排出しないクリーンエネルギーです。